食肉市場のご紹介

 

仙台市中央卸売市場食肉市場

 

 開設者  仙台市
 荷受機関  仙台中央食肉卸売市場株式会社
 と畜解体業者  仙台中央食肉卸売市場株式会社
 部分肉処理業者  仙台中央食肉卸売市場株式会社
 衛生検査機関  仙台市健康福祉局食肉衛生検査所
 所在地  仙台市宮城野区扇町六丁目3番6号(〒983-0034)
 電話  022-258-6011(総務)
 FAX  022-259-9273(総務)
 ホームページアドレス go
 電子メールアドレス  info@senniku.co.jp
 業務開始  昭和50年7月14日
 資本金  1億2,000万円
 年間取扱高 199億9千万円 (平成26年度)

 

当市場は昭和50年7月に全国で10番目に開設された東北では唯一の食肉中央卸売市場で、東北における肉畜の生産と流通の重要な拠点として、社会的、公共的な使命をはたしています。
生体で搬入された肉畜は衛生検査員の検査を受けた後解体処理され、一晩冷蔵し、翌日計量格付けされ、午前9時30分から牛、豚の順でせり取引が開始されます。
せり取引は電算機とせり機械とのオンラインシステムを導入した、日本の食肉市場としては初めての自動せり上げ方式を採用し、公正な取引による適正な価格形成をするとともに、正確、かつ迅速に仕切書・請求書等を発行出来るシステムとなっています。
せり表示盤に品種、産地、重量、規格等が表示され、携帯発信器のボタン操作により、牛は1円、豚は2円刻みでせり上げられ最後までボタンを押している買参者に落札します。
買参者への情報サービスとして、パソコンによる請求書等のFAX発信をしており、又、出荷者への情報サービスはインターネットを活用して牛枝肉の格付情報を提供しており、
生産者の経営基盤強化に役立っています。

仙台市中央卸売市場食肉市場案内図

仙台市中央卸売市場食肉市場案内図